2019 映画 my ランキング

2019年はそれなりに映画をみられたかなぁ
という思いもあるので ランキング記事をアップ

上位作品は それぞれその映画の 主題 あるいは そのジャンル において 最高クオリティに達している作品 と思います
なので順位は ボクの好みの 主題の順 かな

1. 空の青さを知る人よ

すばらしいと思いました
大人向け R30 くらいですね
岡田麿里さんは 当代最高峰の脚本家 だと ボクはまったく疑いません

向き合うべきは他の何ものでもなく 自分だということ
自分の弱さを認めることがいちばん難しく そして 勇気も痛みもいること
けれども それは 逃げてはならず 乗り越えなければならないものであること
この相克を しっかりと描いている

おわるタイミングも最高に優れていていました
音楽を題材とした映画だからといって ステージ演奏の場面をクライマックスにするわけでなく
ストーリーとして描くべきものを描ききったなら そこでおわるんだ
っていう

堪能いたしました
ほんとうにすばらしいと思いました

2. Joker

善悪は主観だ

主人公のジョーカー は終盤のシーンでいいます
ボクはこのシーンは白眉だと思います

ホアキン フェニックス の演技 そして ロバート デニーロ とのアンサンブルも相まって 白眉になっています

ちょっと難しい感じの引用をしますと
哲学者のウィトゲンシュタインは

幸福な人の世界不幸な人の世界 とは別の世界である

という言葉をいいました
まさしくそれです

こういってしまっては酷だとは思いますが
理解し合おうとすること自体がそもそも無駄だ
ということです

こういうことを描いた映画をボクは他に知らないです

もしかしたら こういうことを描いた他の作品はあるのかもしれないけど

もともとあるジョーカーのキャラクターの力を借りているとはいえ
こういうことを描いた作品をヒット作にした
というのがすごいことだと思います

こういうことは通常は哲学の分野でしか語れないことだと思うからです

物語に描けることには限界があり, 道徳や倫理, 善悪をメタ的に問い返すようなものは物語では描けません
仮にそういう作品を作っても, ヒットすることはありません

( 例えば ニーチェ の書いた ツァラトゥストラかく語りき は 初版時にはまったく売れていませんし, 現代においても 通常の物語小説として読まれているわけではありません )

映画ジョーカー に のれなかった人 は のれなかった理由 をもごもごいっているなぁ
という印象です
もごもごいうしかないのは 善悪は主観だ というのが真だからです

理由をちゃんといおうとすると 自分の欺瞞性が何かしらあらわになってしまうからです

本音は, 弱者の人生のことなんて知らんよ

ということなんですけど
それをそのままはいえない
なぜなら そうであるならば

弱者のほうだって 強者の人生のことなんて知らんよ

となり

だから 問答無用でぶち殺します

となったって 何もいえないからですね

こういうことを 作品の全体として表現し かつ 多くの人にみせた
ということがすばらしいのだと思います

3. パラサイト 半地下の生活

中盤にさしかかったところで
映画をみなれている人ならもちろん
ふだんはそれほど映画をみない人でも
頭に思い浮かべている展開がある

こういうシチュエーションになったら
まあ このあとの展開はこうなるよね
映画 や マンガ や あるいは コントなんかでも
だいたいそういうものじゃん

と 誰しもが頭に思い浮かべている展開

それを 度肝をぬかれるツイストで裏切られていく感覚が 最高すぎてもうほんとうに 最高 of 最高

それも 予想の斜め上をいきすぎて ポカーン となるわけでなく そこまでのストーリーからすると それもまた さもありなん となって
ストーリーからまったく気持ちが離れないどころか 完全に釘づけなのである

それでいて ツイストのためのツイストでなく
どんでん返しのためのどんでん返しでなく
どんでん返ったその先に 主題としてもより過酷なものが描かれていて
見おわったあとに しっかりと心に残るものがある

昨今の話題である 格差 や 異常気象 を織り交ぜながら こういうストーリーが作れてしまう ポン ジュノ

わたしはダニエル ブレイク とか 万引き家族 とか Joker とかいった 格差をあつかう映画 の中でも 娯楽性のほうの面白さも突出してめちゃくちゃ高い

ポン ジュノ が天才としか思えない映画でした
映画の面白さとは何かを知り尽くしている人だと思う

4. Avengers Endgame

VFX娯楽映画 としては 完全に映画史に名を残し
金字塔を打ち立てました

めちゃくちゃ面白いと思います

ボクは mcu の中でもラストを飾る infinity war と endgame がほんとうに大好きです

娯楽アクション大作 としてだけでなく 主題 もすばらしいと思います

自分が何か特別な力をもっているとき
その特別な力を どの程度 みんなのために使うのか
自分の人生 や 自分の幸福 を犠牲にしてでも

アイアンマン である トニー スターク と
キャプテン アメリカ こと スティーブ ロジャース の
二人の生きかた によって これが描かれます

自分の人生を犠牲にしてでも人々のために役立つべきだ
というものと
みんなのために力を使うにしても まずは自分の幸福を十分に満足させた上でだ
というもの

対立してきた二人が シリーズを締めくくる本作で

おまえがいってた生きかたも いいものかもしれないな

とばかりに いわば 相手の生きかたを認める形で それをやってみせる それも究極的な形で

涙なくしてはみられないストーリーです

5. 海獣の子供

ボクは基本的には いわゆる起承転結 がしっかりしていてわかりやすく ラスト付近での ストーリー的カタルシスが明確にぐっとくるものが好きなのですが
海獣の子供 はそれとはまったく逆方向に 完全に振り切っている作品です

明瞭なストーリーラインはなく いわばイメージの奔流だけで進んでいく

しかし これはこういうスタイルの映画なんだと ここまで芯をとおして完成された作品であれば やはり これはこれで すばらしいものをみた という実感がずしりと残ります

後半にゆけばゆくほど 怒涛のイメージにのまれ 圧倒されます

気になっている人はぜったいにみたほうがいいと思います

6. Spider-Man: Into the Spider-Verse

映像は最高にクールで それでいて ストーリーもぐっとくるものがちゃんとある

マルチバース を 作画のちがい で表現したのも最高にクールでした

7. Gozira – king of the monstars

ゴジラ対キングギドラ のシーンがめちゃくちゃかっこいいです

みたいと思っている映像を存分にみせてくれました

8. 天気の子

ボクは明瞭なストーリーラインがあり ラストでのストーリー的カタルシスもわかりやすくぐっとくるものが好きなので
その意味では 天気の子 はすこし散漫になっているかな とボクは思いました

君の名は。 が大好きなので それと同じくらいのものを期待して見にいったのですが そこには及ばなかったかなと
君の名は。 のほうが完成度は圧倒的に高いですね

ただ 天気の子 は 若い子には受けているようで そのことはとても面白いと思いました

貧困と異常気象 という意味では パラサイト と類似するし
貧困と拳銃 なら Joker と類似するし
自分が特別な力をもっているときにそれをどの程度 みんなのために使うのか 自分の人生を犠牲にしてでも
という意味なら endgame と類似するし

といったように 他の映画との対比でも面白いですし
やはり 新海監督 は 作家としていまの時代に語らねばならないことをいち早く察知して作品にする感性に秀でているのだなと

9. アナと雪の女王2

1 が大好きなので それと同等のものを期待してみにいったわけですが
前作ほどのストーリー的カタルシスまでは及ばなかったかなぁ という印象

アナもエルサも人間的な成長 という意味では 1 でおわってしまっているので
親と出生のミステリーに終始してしまった感はあるかな

親と出生にまつわるミステリーが明かされたところで そこまで心に残るような感動はないというか

ただ オラフのシーンでは腹抱えて笑いました

10. Star Wars: The Rise of Skywalker

正直なところボクはいただけなかったです

せめてお祭り映画として楽しもう

とか

episode 8 のエンドから考えれば よくまとめたほうだ

というふうにもならなかったです

単純に一本の映画として面白くなかったです

それから 正直なところ

ダークサイドに落ちる落ちないの話 まだするの!?

と 思ってしまいました

フィン がもともとストームトルーパーだった
というところをもっと膨らませたら 新しいシリーズでいまの時代に語るにふさわしい話になるような気がしましたが
ここは結局 まったく触れられることなく 終わってしまいました……

なんていうかほんとうに残念です…

創始者が退いてなお続けられるシリーズがどういうふうに地に落ちていくのかをまざまざと見せつけられた気がしました……


ランキングは以上になります
気になっているけどみられなかった作品は

バーニング 劇場版

この世界のさらにいくつもの片隅に

アイリッシュマン

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

あたりですが
まあ 時間には限りがあるわけですし
これも仕様がないですね ということで
ではまた

“2019 映画 my ランキング” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です